【懐かしのサッカー選手特集#39】「気まぐれの天才」パトリック・クライファート | 海外サッカーニュース | サカレポ

2015年02月19日 09時00分

【懐かしのサッカー選手特集#39】「気まぐれの天才」パトリック・クライファート


Jong FC Twente kampioen 2011-2012

過去に輝きを放った、記憶に残る選手を振り返る、「懐かしのサッカー選手特集」です。今回は、オランダ・アムステルダム出身の元サッカー選手でサッカー指導者の「パトリック・クライファート」をご紹介します。

 

kluivert&david

1976年にオランダの首都アムステルダムでプロサッカー選手の父の元に生まれたクライファートは、ストリートサッカーで技術を磨き、7歳の時にオランダの名門クラブ「アヤックス」の下部組織に入団。当初はフォワードではなく、ディフェンダーとしてプレーしていました。

 

kluivert

1994年、クライファートが18歳の時にトップチームの監督であったファン・ハール監督に才能が見出されオランダ・スーパーカップでデビューすると、この試合でトップチーム初得点を記録します。

94-95シーズンには高い得点能力と、デニス・ベルカンプ、クラレンス・セードルフ、エドガー・ダーヴィッツ、エドウィン・ファン・デル・サールといった下部組織出身の選手たちとともにUEFAチャンピオンズリーグで活躍し、優勝を果たします。

クラブにとって22シーズンぶりの欧州でのタイトルを獲得し、95年の夏にはオランダ・スーパーカップ、UEFAスーパーカップの2つのタイトルを獲得。同年冬にはインターコンチネンタルカップも制覇し、翌シーズンにはリーグ戦2連覇も果たしています。

 

Patrick Kluivert

活躍が認められたクライファートは97年にセリエAの強豪「ACミラン」へ移籍。デビュー戦などでは得点を挙げましたが、このシーズンは6得点に終わってしまいます。さらに激しい自動車事故を起こし、同乗していた演出家が死亡。故殺罪などで起訴され、運転免許の剥奪と社会奉仕活動を課されています。

 

!Francisco Javier Fernandez¡ VÍDEO - ¿Recuerdas la etapa de Patrick Kluivert en el Barça? El programa 'El 9' de Barça TV lo recuerda

イタリアではあまり活躍出来なかったクライファートですが、98年にはスペイン、リーガ・エスパニョーラの「FCバルセロナ」と4年契約を結びます。ここではアヤックスで指導を受けたファン・ハール監督と再開し、98-99シーズンのリーグ制覇に貢献。99-2000シーズンにかけてリーグ戦3連覇を逃すものの、チーム内での得点数トップとなる15ゴールを記録。

98-99シーズンからはリバウド、ルイス・フィーゴと3トップを組むなど、世界一ともいえる強力な攻撃陣を形成していました。98-03シーズンに渡り、リーグ戦で15得点以上を挙げるなど活躍していましたが、2003年夏にフランク・ライカールト監督が就任すると、脱オランダ化・ロナウジーニョの加入などもあり出場機会が減少していきます。

 

51118556ML002_Lpool_Ncastle
バルセロナでは6シーズンでリーグ戦182試合に出場し、90得点を挙げ活躍を見せたライカールトでしたが、2004年夏にはイングランド・プレミアリーグの「ニューカッスル・ユナイテッド」に移籍。

クラブの象徴である、アラン・シアラーとコンビを組み、FAカップでは重要な得点を挙げ、2004-05シーズンに公式戦で通算13得点を挙げるなどの活躍を見せますが、リーグ戦の順位も振るわず、契約延長には至りませんでした。

 

Jamie and Patrick Kluivert 27-1-2007

2005年の夏にはスペインの「バレンシアCF」へ移籍。しかし、負傷に苦しみわずか202分の出場に留まり、2006年夏にはオランダの「PSVアイントホーフェン」と1年契約。ですが、ここでも2度の負傷に悩まされ出場機会が少なく、2007年の7月には契約満了によりクラブを離れています。

 

YouTube Preview Image

その後はフランス・リーグアンのクラブ「LOSCリール・メトロポール」と契約。若い選手たちに自信の経験を伝え、得点やアシストを決めており、チームに貢献。その後2008年5月には現役の引退を発表しています。

 

YouTube Preview Image

クライファートはセンターフォワードながら、繊細なテクニックを持っており、トリッキーなプレーや見事なトラップで観客を魅了しています。

190センチに近い大柄な体格ながら柔らかなボールタッチと正確なボールコントロール、さらにはポストプレーも上手く、さらに難しい体制からシュートを決めることも多く、記憶に残る華麗で鮮烈なゴールを数多く決めてきました。簡単なシュートを外すこともありましたが、魅力的なプレーが多く「気まぐれの天才」というあだ名がつけられています。



人気記事


カイザー(kaiser) サッカートレーナー KW-487

フットボール×ミュージック=WOW!!

PANINI FOOTBALL LEAGUE 2014 03 【PFL07】 (BOX)

サッカー・マガジン推薦 フットボール・チューンズ -クラシカル-