【懐かしのサッカー選手特集#36】「天才」グティ | 海外サッカーニュース | サカレポ

2015年01月12日 08時00分

【懐かしのサッカー選手特集#36】「天才」グティ


Guti

過去に輝きを放った、記憶に残る選手を振り返る、「懐かしのサッカー選手特集」です。天才的なパスのセンスで芸術的なアシストを数多く演出し、下部組織時代も含めるとレアル・マドリードに25年間在籍しプレーした、グティこと「グティエレス・エルナンデス」をご紹介します。

 

Guti

84年にレアル・マドリードの下部組織に入団したグティは、95年にはトップチームに昇格。99-2000シーズンには中盤の軸として起用され、UEFAチャンピオンズリーグのタイトルを獲得しています。

 

Guti

00-01シーズンには前線の選手不足のため、ミッドフィルダーからフォワードでのプレーが増えリーグ戦では自身最高の14得点を記録しています。2002年には「ロナウド」が移籍すると、フォワードからセンターハーフへとコンバート。

この起用法は大成功し、グティは新たなポジションで活躍することとなります。UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAスーパーカップ、インターコンチネンタルカップなどのタイトルを獲得しチームに貢献しています。

 

Guti

2006年には「ジネディーヌ・ジダン」が現役を引退したこともあり、新たな司令塔として定着。チームの中で唯一違いを生み出せる選手として高く評価されています。2006-07シーズンには多くのアシストを記録し、3度目のリーグ優勝に貢献。

 

Guti y Benzema

翌年もリーグ優勝を果たし、アシストランキングでトップに輝くなど充実したシーズンを過ごしていたグティでしたが、2009年夏にはACミランから「カカ」が加入すると、出場機会が激減。

 

YouTube Preview Image

2010年の7月に25年間在籍したレアル・マドリードの退団を発表すると、トルコ・シュペルリガのベシクタシュJKへと移籍。翌年の11月までプレーし、2012年7月には現役引退を発表しました。引退後はレアル・マドリードのU-12チームのコーチを務めることが発表されています。

 

YouTube Preview Image

相手ファンに挑発的な行為を繰り返すなど、問題も多かったグティですが、同僚のジネディーヌ・ジダンも「世界中の誰もができないようなプレーをやってのける」と賞賛し、ロナウドも「並外れている選手。共にプレーできることは誇り」と語るなど、世界のトッププレイヤーが驚くほど、天才的な才能の持ち主だと高く評価されています。

 



人気記事


カイザー(kaiser) サッカートレーナー KW-487

ヨハン・クライフ サッカー論

THE BEST FOOTBALL ANTHEM -IN THE MIX- Mixed By DJ MAGIC DRAGON

サッカー・マガジン推薦 フットボール・チューンズ -クラシカル-